日本シリーズで勝てても、リーグ優勝は10年以上前の話。どっかで聞いたことある。

6年目


2020-10-06 (5).png
次の目標をリーグ優勝かつ日本一に定め、古田監督3年目に突入する。

2020-10-06 (6).png
FAでは天寺・清水・建部・東野ら大型選手のFAがない一方で、メジャー組が4人国内復帰する。投手の村瀬か竹島を狙うか。

投手の堂峰彦・外野の遠藤智也が現役引退。投手の小笠原武信、三塁の栗田康男、遊撃(二塁)の田中光彦らを戦力外へ。

この年は前年日本一ながら4位に終わる。

7年目


2020-10-10.png
この年は3位と0.5ゲーム差、2位と1.0ゲーム差の4位に終わる。

2020-10-10 (1).png
野手三冠の松原弦太らを擁するEチームの一人勝ちで、2位以下が負け越しながら僅差という展開だった。
一方、うちのチームではトリスタンが最多勝と最多奪三振を取った。

8年目


前年の三冠、松原がFA宣言。
投手の柴山宗範・二塁の東野宣好が現役引退。

2020-10-10 (4).png
この時代になると1000クラスでも余裕で放出してくる。だいたいこういう選手は-100を食らったりするのだが。

Eチームから松原弦太を獲得(人的補償で元抑えのエースの松藤宏和を放出)。村瀬は案の定-100近く下がった。

松原を補強したものの、4位に終わった。前年ワースト1位だった得点は改善したものの、失点も悪化したためだ。

9年目


3年連続4位の責任を取り、古田が辞任。代わりに往年の巧打者である東野宣好が監督に就任。こういう往年の名選手が監督になるのって感慨深い。実績を残すのは数人とは言え。

FAで明智鳴雄を補強。

2020-10-10 (7).png
明智は後半離脱したが、大貫・宮田が2桁勝利、松原の35本と岩佐の29本と投打が噛み合い、初のリーグ優勝を果たす。

2020-10-10 (9).png
しかし、日本シリーズには敗れCS1位にとどまる。

10年目


栗林敦史、二宮拓がFA宣言。この年育成契約を結んだ投手の松藤宏和が任意引退。

2代目チームキャプテンには7年目の巧打者、中垣真樹を任命。